「愛知県精神・発達障害者雇用促進事業」って?

「平成29年度愛知県精神・発達障害者雇用促進事業」をMan to Man Animo株式会社が受託いたしました。

近年大幅に増加している精神・発達障害者の就職に向けた支援を行うとともに、受け入れる企業に対しても障害特性等の理解を深めていただくための勉強会を行うことで、精神・発達障害者の雇用の促進を図ります。


事業の基本方針

精神・発達障害者の就労を取り巻く環境について、働きたいと希望している精神障害者が急増しているが、他の障害に比べてなかなか仕事を得られていないのが現状です。

身体障害や知的障害と比較して「外見ではわかりにくい障害特性」を持つ精神・発達障害は、障害者の雇用を検討する企業側にとって「わからない」「対処できない」と採用を回避される障害です。

「誤解や決めつけが排除しきれていない」ことも雇用が進まない大きな原因であると考えます。精神・発達障害の場合には特性に多様性があることや、症状に個人差があることから企業側が障害特性を理解することが困難であり雇用に踏み切れない企業が多くあります。

こうした背景のもと県内企業における精神・発達障害者の雇用の促進のため「平成26年度 愛知県 精神・発達障害者雇用促進プロジェクト」の受託以降、企業への障害の特性理解に向けたセミナーなどの開催を進めてきました。

当事業では、働く力がありながら就職できていない、精神・発達障害のある求職者と、障害者雇用を進める企業の双方を一体的に支援することで、雇用の促進につなげるための取り組みを続けています。

 


事業の目標

障害を持った方が長く定着するためには、自身の障害特性を理解していることが重要です。
障害特性や性格にマッチした職種に就職し、就職後にも全社的なフォローを得るには、本人も「何ができて、何ができないか?」を理解し、他者に上手くに伝えることが必要になります。今年度は就労支援ブック(アセスメントシート)に「定着支援計画書」を追加し、「はたらくカルテ」とし就職活動に使用します。一人ひとり異なる障害特性を持つ求職者に個別に対応し、就労前の「準備」を支援することは、精神・発達障害者と企業とを結び付け、就労に繋げる重要な要素であると考えています。

当社でも数名の精神・発達障害者を雇用していますが、障害特性に合致した業務を担当してもらうことと、安心して働ける環境を整備することで戦力として十分な働きをしてもらっています。企業、障害者本人共に障害理解を深めることで、精神・発達障害を持つ方々に就業機会を提供したいと考えています。

 


お問い合わせ

当事業に関するご不明な点は、下記にお問い合わせください。

Man to Man Animo株式会社 名古屋営業所
〒456-0031 名古屋市熱田区神宮三丁目7番26号 たから神宮ビル7F

電話番号 052-678-3001
受付時間 8時45分から17時45分